適当のごった煮

Pythonと境界標とQGISを中心にいろいろと

QGISのちょっとした操作

スポンサードリンク

知っておくと便利な、ちょっとした操作を説明します。

以下のような操作を説明します。申し訳ありませんが、ページ内リンクはつけていません。

  • 移動や拡大縮小
  • 縮尺変更と回転
  • 地物の情報を表示
  • 文字注記を入力する
  • 距離、面積、角度を計測する

移動や拡大縮小

f:id:tekito-gottani:20161209003847j:plain

「地図ナビゲーションツールバー」という名前がついていますが、特に意識しなくても地図アプリのようにつかんで移動したり、マウススクロールボタンで拡大縮小ができるので、改めて説明するほどでもないと思います。

一番左にある「パンとズームの操作」でほとんど事足りる気がします。

縮尺変更と回転

マウススクロールボタンで拡大縮小ができますが、拡大縮小が2倍か1/2倍ずつで行われるので、微妙な拡大をしたいときには、ステータスバーの「縮尺」に数字を直接入力して調整できます。

また、その右にある「回転」に数値を入力すれば、表示されている地図を回転させることができます。

f:id:tekito-gottani:20161209003956j:plain
「国土交通省国土政策局「国土数値情報(行政区域(青森))」をもとにid:tekito-gottaniがQGISを用いて編集・加工」

地物の情報を表示

一つのレイヤを構成しているそれぞれの領域を地物と呼びます。行政区域であれば、市区町村それぞれの区画された領域がすべて個別の地物です。

ラベルを表示していない状態で、地名を知りたいときは、「属性ツールバー」の「i」ボタンを選択して知りたい場所をクリックすると、左下の「地物情報パネル」に詳細情報が表示されます。

f:id:tekito-gottani:20161209004057j:plain
「国土交通省国土政策局「国土数値情報(行政区域(青森))」をもとにid:tekito-gottaniがQGISを用いて編集・加工」

操作時の注意として、現在選択されているレイヤの地物しか選択できないので、複数のレイヤを表示しているときは、知りたい地物が所属しているレイヤが選択されているか確認が必要です。レイヤの選択は、対象のレイヤをクリックするだけです。

文字注記を入力する

「属性ツールバー」の「T」ボタンを押し、注記を入れたい場所でクリックすると吹き出しが作成されます。

f:id:tekito-gottani:20161209004214j:plain

吹き出しをダブルクリックすると文字入力画面が現れ、文字の入力や大きさなどが変更できます。

f:id:tekito-gottani:20161209004234j:plain
「国土交通省国土政策局「国土数値情報(行政区域(青森))」をもとにid:tekito-gottaniがQGISを用いて編集・加工」

距離、面積、角度を計測する

f:id:tekito-gottani:20161209004327j:plain

「属性ツールバー」の物差しボタンを選択すると、任意の3つ以上の地点の距離や面積、角度を計測することができます。

かなり柔軟に計測可能なので、実際に操作して試してみてください。